私の母は天然さん

天然母のとんでもエピソードと私のフィンランド生活を大公開!!!

母のマイベスト家電を勝手に予想してみた

今週のお題「マイベスト家電」

 

またお久しぶりになってしまいました。

そろそろこのセリフをいうのをやめなければ。

 

この件についてはまた次回にかけて反省するとして、今週のお題でブログネタを考えてみました。

 

あまり時間がないので、勝手な予想で母のマイベスト家電をランクインさせていこうと思います。(強行突破)

 

 

母のマイベスト家電は1つ目は、

サーキュレーター。

 
アイリスオーヤマのこの除湿乾燥機サーキュレーターがお気に入り。

item.rakuten.co.jp

 

家にいる人数が多いので、言わずもがなだが洗濯物の量がおかしい。

なのでサーキュレーターは必須アイテムである。

 

なんならこのコンパクトな縦長サーキュレーターが2つと、

小さいサーキュレーター1つで

計3つもある。

 

もちろん同時使用。

 

サーキュレーターは時たま扇風機にも扮する。

なのでもともと乾きやすい夏でも使い道があります。

1つで2役。お得感。

 

このサーキュレーターの魅力は、
やはり素晴らしいほどの除湿。

しかも我が家は2台同時なので、パワフル×2=最強

 

「おすすめです!」と、母は言うと思います。

 

 

2つ目は、掃除機。

我が家に天下のダイソンがいるのに、
その後にマキタが家にきた。

 

これには大きな理由がある。

 

それは我が家の犬君だ。

 

我が家の犬君は音に敏感ですぐ吠える。

特にインターホンと掃除機が最大の天敵。

 

静かだと評判のダイソンなのに、犬君がわんわん吠えるせいで全く静かじゃない。

ダイソンは全く悪くないのだが、なぜだか5倍くらいうるさくなる。

 

 

あまりに掃除機が使えなかったことで母が数年越しに購入したのがマキタの掃除機だった。

 

マキタの掃除機の便利なところは充電の仕方。

電池を充電して使うときに本体に挿すだけなので、大きいものの移動が最小限で済む。

 

マキタの掃除機も使ってみると意外と静かだった。

ダイソンよりもウィーーーン感が少ないのが犬にとっては良かったのかもしれない。

もちろん犬君の住まいの1階では使えないけれど、2階で使えるようになっただけ大きな進歩。

 

こちらも「おすすめです!」と母は言うと思います。

 

 

3つ目はドライヤー。

母はその道のプロにおすすめを聞いてよく同じものを買う。

ドライヤーは美容師さんに聞いて、その美容室で使っているものと同じものを購入していた。

 

某有名家電メーカーのものであれば、すぐに名前が出てくるのだが、

このドライヤーのメーカーは記憶になかった。

 

外出中の今、私の頭の中にある情報は、
「茶色のドライヤー」のみ。

 

仕方なく「茶色 ドライヤー」で検索かけたら、

見事同じ形のもの発見!

世の中すごいな。

この二つだけで私の頭の中にある画像が出てくるんだから。

 

答えは、

『Nobby』のドライヤーでした!

Nobbyのホームページをみると、

 

“国内美容室の約70%で使われているサロン使用率No.1ブランド”

出典:Nobbyについて | Nobby official site

との記載が。

 

間違いない。これです。

 

確かに前に使用していたものと比較すると本当にすぐ乾く。

 

その前は某メーカーのマイナスイオンが出る系のやつを使っていたが、今のやつはマイナスイオンないからか圧倒的に乾きが早い。

 

と思っていたら、Nobbyにもマイナスイオン出る系が販売していた。

失礼いたしました。

 

茶色はもう公式ホームページには載っていなくて、

カラーはブラックとホワイトがありました。

かなり前から使っているので、もしかしたら我が家にあるのは何世代か前のものかもしれない。

 

item.rakuten.co.jp

 

こちらも「おすすめです!」と我が家の女子勢みんなが言うと思います。

 

 

今回写真全然なくてすみません。

その代わりスマホでも見やすいように、いつもより見た目を整えてみました。(どの代わり?)

 

以上、『母のマイベスト家電を勝手に予想してみた』でした。

 

P.S.次の記事こそ早々に書きます!

我が家に起きた水事件

ブログを継続するする詐欺をして、はや半年近く。

更新しなきゃなのに、、、と義務感みたいなものが現れて、書く気が起きなくなってしまった。

やはり私は飽きやすい性格なのか〜と再確認。

 

書きたいと思ったらまた書こうと思っていて、

最近ようやくまた書きたいな〜という気持ちが無事に出現してくれたので、再開したいと思います。

勝手に休んでおいて再開というのもなかなか語弊がありますが。

 

最近口癖になかなかが入ってきたので気をつけたいと思います。

 

 

では、時を4ヶ月ほど戻しまして。

1月に起きた、『我が家の水事件』の話です。

 

f:id:naruyouninar:20220522201106j:image

 

とある日、次女がトイレに行こうとリビングから1階の玄関近くのトイレに向かうと。

なぜか天井から雨が降っていた。

 

次女「ちょっときて〜!」

と、すぐに呼ばれる長女。

 

玄関に向かうと、

え?雨漏り?

いやここ1階だし、今日晴れなんだが。

 

気付くのが少し遅かったようで、既に床は水浸し。

2人で思考停止し、その場で固まる。

 

えーっと?これは?どうしたらいいんだ?

 

 

とりあえずこの雨漏りの原因を突き止めなければ。

 

2階に行き原因を探すと、2階のトイレの水が流れっぱなしでタンクから溢れてしまっていた。

 

つまり、2階のトイレはもちろん水浸し。

そしてそのほぼ真下にある、玄関が水没していたということである。

 

2階にいた三女を呼んで、大原因の制圧を頼んだ。

三女は水浸しトイレの水をタオルで吸い取っては、バケツに絞る。

 

ただ拭き取るという作業が一瞬水を集める作業にもなるため、下の雨漏りならぬ水漏りはより一層大雨になる。

 

長女と次女は1階でとりあえず床に段ボールやらタオルやらを敷き、自分の足元を確保。

 

大雨が収まるまでは拭いたところでなので、とりあえず眺める姉妹。

 

そろそろ家壊れるんじゃない?

と、姉妹でシャレにならない台詞を言いながら、この状況にもはや笑うしかない。

 

バケツが家にあまりないので、一点集中型の水漏りの下にはとりあえず鍋を設置。

 

f:id:naruyouninar:20220522103846j:image

(綺麗な絵面ではないので、薄目で見てください…)

 

段ボールで玄関までの道を作り、ブログのために写真を撮るくらいにはもう面白がっている。

 

 

 

さて、小雨になってきたところで、作業開始。

いろんなタオルを持ってきて水を吸い取らせる。

 

なんと、絞れること。

 

やばくなーい?とわーわー言いながら、なんとか全て拭き取った。

 

漏れてきた水とはいえ水拭きをしたので、フローリングはピッカピカ。

 

帰宅した母に、

今日すごかったんだよ〜と、この水事件の一部始終を説明すると、

母「そろそろ家壊れるんじゃない?」

と、母も私たちと全く同じシャレにならない台詞を言っていた。

 

でも玄関めっちゃ綺麗になったよ!

と終着点を謎にポジティブにする長女。

 

 

そんなこんなで、新年早々大掃除を越えた大掃除をした我が家の人たちだったのでした。

 

f:id:naruyouninar:20220522152623j:image

↑何人か水漏り事件の時に不在の方がいらっしゃったので、一応連絡を家族のグループLINEに投下。

でも誰も触れてくれませんでしたという画。

 

 

おしまい。

スニークプレビューモニター試写会[ネタバレ大NG派の意見]

今年2本目、実質1本目のブログである。

 

東宝の「『スニークプレビュー』モニター試写会」に当選したのだ。

 

新年早々幸先が良い。

 

私はエンタメが好きで、割とよく試写会に応募する。

「当たらないだろうな〜」というマインドで、暇な時にぽちぽちと。

 

そのため、そもそも応募したことを忘れてることの方が多い。

 

さすがにすっごく行きたいと思っていた試写会(舞台挨拶付き)に落選し、それをニュースを見たときは、

「あ、これ私行きたかったやつ〜。今日だったんだ。」

とはなるが、ダメージは0に等しい。

 

 

そんなわけで試写会とは、当たらなかったことで落ち込むこともほぼなければ、当選したら飛び跳ねるほど嬉しいという、幸せなイベントなのである。

 

 

そして今回当選したのはタイトルの通り、「『スニークプレビュー』モニター試写会」というやたら名前の長い試写会。

 

このカタカナの意味は、

スニーク/sneak→こっそりとする、予告なしの

プレビュー/preview→試写

 

 

つまり「事前情報なしで映画を鑑賞し、アンケートや調査を行うための試写会」なのである。

 

 

 

事前予告がないということは、自分が観たかったり、興味がある映画かどうかはわからない。

 

ということは必然的に、期待値が低いとかではなく、期待値測定不能の状態となる。

 

これはなかなか経験できないマインドでの映画鑑賞法ではないだろうか。

 

私はこの鑑賞方法が割と好き。

 

映画館(のような場所)で映画を観ることに対するワクワク感を持ちつつも、映画に対する期待は持っていない。

 

要するに、がっかりするということがないのである。

 

そしてご存知だと思うが、無料

こんな素晴らしいことがあるだろうか。いや、ない。(反語)

 

 

 

私のブログ恒例ではあるが、また前置きが長くなってしまったので一旦小休憩。

 

ランチに「鉄板処 めぐろ」へ。

 

こちらデミオムハンバーグ

ハンバーグの上にオムレツが乗っているという欲張りグルメ。

 

f:id:naruyouninar:20220111133945j:image

 

お店の人がオムレツを切ってくれました。

 

f:id:naruyouninar:20220111133948j:image

美味しかったです。(予想以上に文字数が多いので感想を割愛)

 

 

 

さて話を戻しまして、実は私がこのスニーク(割愛)試写会に当選したのは人生で2回目

 

1回目は、映画『累』だった。

 

個人的にとっても好きな映画になった『累』

 

好きすぎて映画館で更に2回も鑑賞、周りにも大宣伝をし、モニターとしての役目を果たしたと自負しているのだが、

果たして私がこの映画を好きな理由は「スニーク試写会」で観たからなのだろうか。

 

未だにわからないままである。

 

 

 

人生2回目の「スニーク試写会」は、

 

『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』

だった。

 

もちろんまだ公開前の映画。

 

 

2人1組だったので友人と一緒に会場へ。

席につき、事前アンケートに回答した時にその日観る映画が判明した。

 

だが、私はドラマ版のシャーロックをほぼ観ていなかった

主役が誰かは知っていたくらい。

 

 

これぞ予備情報皆無での映画鑑賞

 

このタイトルを見たとき、

「これは自分では観に行かなかった映画だな。」と正直思った。

 

だがしかし、そんな風に思った自分に1発パンチを食らわせたいくらい"良い"映画だった。

 

ここで使った"良い"は、

"良い" か "悪い" かで言った場合の"良い"

 

 

副詞だけ付けさせていただいて、"すごく良い"というのが私の感想。


ネタバレ防止のため、ここで私が使える言葉は"良い"くらいしかないと思っていただいて、どうかこの感想でお許しいただきたい。

 

なぜここまで言葉を選ぶのか。

その理由の一つに私が[ネタバレ大NG派]であることが挙げられる。

 

ここからは更にウザさMAXであることをご了承の上、この先も読んでいただければ嬉しい。

 

 

 

個人的に映画の感想としての、

「面白かった」はギリネタバレにならず、

「感動した、泣けた」ネタバレだと思ってる。

 

他には「びっくりした」もネタバレである。

 

何度も言う通りぶーぶーとうるさいやつで申し訳ない。

 

「感動した、泣けた」と言われた場合、どこが感動するのだろうと映画を見ながら予測をしてしまう。

「びっくりした」も同様に、どこでびっくりするのだろうと展開の予測を立ててしまうのである。

 

 

どこが泣けるのかな、どこでびっくりするのかなと考えたり疑いながら観てしまうため、感動や衝撃が薄まってしまうのである。

 

 

これは私だけなのだろうか。

ここまでうるさい人に私はまだ出会ったことがない。

 

というわけで、ネタバレOK派にはわがままな意見で大変恐縮だが、

ネタバレ大NG派である私には「面白い」か「面白くない」かだけ教えてほしい

 

 

映画の後には、帝国ホテルのパンケーキを食べて、リッチで幸せな気分を味わいながら、

"面白かった"映画の余韻に浸っておりました。

 

f:id:naruyouninar:20220111134146j:image

 

完璧なフォルム。

素晴らしく美味しかったです。

 

 

以上、『スニークプレビューモニター試写会[ネタバレ大NG派の意見]』でした。

⚠️一個人の見解です。

 

 

次回は、あまりうるさくないエンタメネタなのでお楽しみに。

 

 

おしまい

ついにシステムが変わった我が家のクリスマス

あけましておめでとうございます。

新年1発目、絶対にこれではないと自覚しながら、こちらを投稿させていただきます。

(徐々に写真が追加されていく予定)

 

f:id:naruyouninar:20220105131327j:plain



 

みなさまはどんなクリスマスでしたか?

 

我が家にもサンタさんが来ました。

母にも、20代の長女にもサンタさんは来ました。

 

ですが、今回は今までと大きくスタイルが異なるクリスマスになりました。

⚠️この先はお子様閲覧禁止

 

これまでのサンタさんは、子供たちが眠っている間にそれぞれの部屋にプレゼントを置いておいてくれていました。

 

というのもAmazonという名のサンタさんから届いた順にプレゼントを手渡し。

ちなみにプレゼントの条件は、5000円まで。

 

その理由の1つが・・・

天然母「寝る時間が遅くなり、翌日辛いから」だそう。

 

末っ子である弟も大きくなり、サンタさんを既に知っていたということで、もういいのではという結論になりました。

 

 

さてさて、それぞれのクリスマスプレゼントをご紹介。

 

 

 

長女

・枕

・まるでこたつ足首ウォーマー

 

いかに家を快適に過ごすかというのを極めたラインナップ。

枕になっているのかなっていないのかわからないくらい薄っぺらいのを使っていたので、きちんとした枕を注文。

そしていかに限度の5000円に近づけつつ、欲しいものをもう一つ買うかということでずっと気になっていた「まるでこたつ足首ウォーマー」に。

 

f:id:naruyouninar:20211227215401j:image

 

5000円分ギリギリまで貰おうという長女の強欲さがうかがえる。

 

ちなみに長女は末端冷え性の猛者。

いかに手軽にあたためるかは生きていく上で大きな課題の一つである。

 

実際にまるでこたつソックスを使ってみた感想としては、レッグウォーマーかつ少し踵にかけるというのが、とてもよかった。

 

寝るときに靴下だと脱いでしまいがちだが、足先がムズムズするような気がしてあまり好きではなかったのだが、これなら足先は開放することができる。

 

思った以上に使い勝手がよかったので、同じ末端冷え性をお持ちの方に是非試してみて欲しい。

 

 

次女

・シューズ

 

次女は部活用のシューズ。

普通の運動靴でやっていたが滑ってしまうということで、きちんとしたバトミントンシューズが欲しかったのだそう。

ほぼ必需品である。

 

 

三女

・有料アプリ2つ(ノート系とイラスト系)

・勉強用ストップウォッチ

・デスク

 

なんだか個数の多い三女。

こちらも貰えるだけ貰おうというのが見える。

が、なんと若干オーバーしているらしい。

きっと勉強用というところが、父の許可が降りた理由であろう。

 

こういうことが時たまあるので我が家では交渉術が磨かれると思う。

実際のところ長女と三女が、対・父の交渉をマスター済み。

単におねだりが多いとも言える。

 

弟・天然母

問題はこの御二方。

なんと二人とも同じプレゼント。

・Amazonのギフトカード5000円分

 

これはギリ現金ではなくプレゼントだと言える。

二人にはそれぞれプレゼントをこれにした理由がある。

 

天然母は、「欲しいものをお得に買うために年末年始のセールで買いたい」という、クリスマスプレゼントという概念を覆す理由。

 

弟は、「自分が食べたい時に食べたいお菓子をコンビニで買いたい」というのが本来の願い。

さすがにその願いを叶えるには現金しかなく、他に欲しいものがないということで、Amazonギフトカードで終着したのだった。

 

 

ちょこちょこおかしなクリスマスプレゼントが混じっているが、きっと家族の誰もおかしなことに気づいていない。

そもそもAmazonから届いた順に自ら段ボールを開ける時点で、クリスマス味もサンタのかけらも見当たらない。

 

今回のプレゼントももちろん嬉しいのだが、ワクワクしていたあのクリスマスがすでに愛おしい。

 

こうして一大イベントだったクリスマスが案外普通の日であったと兄妹皆が悟ったのだった。

 

 

 

以上、『ついにシステムが変わった我が家のクリスマス』でした。

おしまい。

イオンシネマのプレミアシートがお得すぎた

『そして、バトンは渡された』という映画を観てきました。

⚠︎ネタバレはありません

 

 

母がイオンカードを持っているので、イオンシネマなら1000円で鑑賞できるのです。

 

f:id:naruyouninar:20211224144023j:image

 

今回、初めてプレミアシートを選択!

 

プレミアシートは鑑賞券+500円というお値段。

「500円か〜」と思ったそこのあなた。

なんとなんとこの500円にはドリンク代が含まれているのです。

 

税込500円までのドリンクであれば、サイズが大きくてもプレミアムドリンクでも、なんでも大丈夫。

 

私と妹は490円のフレーバーソーダのピーチ

母はホットのカフェラテMサイズ

 

つまり今回は、

1000円のチケット代+490円のフレーバーソーダ

席代は実質10円ということになる。

 

 

 

 

座席はこんな感じ。(上映終了後に撮影)

f:id:naruyouninar:20211210145314j:image

 

特徴としては、

・隣の席との境目がしっかりある

・荷物置きがある

・足を伸ばせる広さ

・腰が痛くなりにくい座席

かなと思う。

 

 

実際に私・妹・母の順で並んでいたが、隣の様子は全く見えず、正直寝てるのかと思うほど。

 

隣の人が気にならないというのは、映画館で映画を観る上では大きな利点ではないだろうか。

 

 

『そして、バトンは渡された』は個人的には好きな映画でした。

母も妹も良かったと言っていました。

 

f:id:naruyouninar:20211224125926j:image

 

この後はあまり時間がなかったので、スタバをテイクアウト

サンタくまちゃんが沈みかけています。

 

トーステッドホワイトチョコレートフラペチーノ

トーステッドホワイトチョコレートモカ(HOT)

キャラメルアーモンドミルク

新作3つを注文。

 

トーステッドホワイトチョコレートは甘め。

そりゃそうなんだけども。

 

キャラメルアーモンドミルクは、予想以上の美味しさ😳

そこまでアーモンドミルクが好きなタイプではないのだが、キャラメルとの相性抜群。

 

私は興味のある新作がない場合、大抵キャラメルマキアートを頼むので、今度アーモンドミルクに変更というのにチャレンジをしてみたいと思う。

 

スタバにハマりすぎていた頃は「明日新作発売日だよ!行かなきゃ!」だったが、

最近は「新作出てたんだ〜」くらいになった。

 

スタバ比較で大人になりました。

 

 

というわけで、思ったよりもハードルが低いプレミア。

一度試してみてはいかがでしょうか?

 

以上、『イオンシネマのプレミアシートがお得すぎた』でした。

 

おしまい。

フィンランドからの帰国 到着〜隔離編

かなり間が空いてしまい申し訳ないですが、フィンランドから無事に日本に帰ってきました。(11月半ば

 

この時はまだオミクロンがどうのこうのという話は特になく、比較的落ち着いていた頃の帰国だったのかなと思います。

 

そこで今回は今や何も役に立たない11月中旬らへんの、海外からの帰国、そして隔離について書きたいと思います。

(出発〜機内の様子は2つ前のブログを見ていただけたらと思います。)

 

 

 

さて、羽田に到着すると、同じ便に乗っていた人たちで列になり、係員によって検査場へ連れて行かれる。

これがびっくりするほど歩かされた。

 

私の手荷物は機内用スーツケースとリュック。

そこまで重くはないが、軽くもない。

 

10時間フライトの後に、手荷物を持ってこのハイキングは予想以上のキツさ。

 

 

 

会場に着くと、一番最初にスマホで厚生労働省の質問票に答えたかどうかの確認がある。

アンケートに回答すると、QRコードが出てくるのでそれをスクリーンショットをすればOK。

 

これは割と時間のかかる作業のため出発前にやっておくべき。

 

 

www.mhlw.go.jp

 

 

QRコードをクリアすると、機内で書かされた書類を渡したり、どこの国に行ったのかの確認だったりとひたすら書類の確認作業が続く。

基本、書類パスポートスマホを手に持っておけば大丈夫。

 

クネクネとひたすら道を進んでいきます。

 

 

その道の最後の方にPCR検査がある。

 

荷物を後ろのデスクに置いて、少しブースっぽくなっているところで唾液を自分で採取。

 

ブースには梅干しと、レモンの写真が。

 

f:id:naruyouninar:20211222124304j:plain
f:id:naruyouninar:20211222124339j:plain

本当にこのように前に貼ってある。

 

ただ全くお腹の空いていない私は全然脳が騙されてくれず、地味に苦戦。

 

規定量まで採取したら、荷物を持って次の場所で回収。

と思ったら、

「スーツケース違いますか?」

と大事なものを忘れかけ、スタッフさんに呼び止められた。

 

ありがとうございました。助かりました。

 

 

 

PCR検査の次は、アプリのインストールとその登録

 

入れなければいけないアプリは『My SOS』という真っ赤なアプリ。

このアプリの目的は、

①隔離期間中の健康状態の登録

②居場所確認

 

初期登録が終わると、また移動。

 

あとはPCRの検査結果が出るのを待つだけ。

 

自分の番号がモニターに出るまではひたすら待機

ここでの待機時間は20分くらいだったかなと思う。

 

無事陰性の結果が出たことを確認し、やっとこさ終了。

 

 

ここからはいつもの入国と同じになる。

現在地はどこかわからないが、入国審査や預け荷物の方向へまたまたハイキング。

 

本来ならまっすぐここに向かうわけなのだから、遠くまで歩いたらまた遠くのこの場所まで戻ってこなきゃいけないのである。

 

 

 

顔認証機械タイプの入国審査をして、おそらくずっとくるくると回っていたであろう預け荷物をゲット

 

関税のところを通って、ついに。

 

ミッションを達成!!!!!!!!

このダンジョンはなかなか大変だったのでした。

 

 

 

空港に到着してから、諸々終わるまでにかかった時間はおよそ1時間半弱

 

公共交通機関の利用はできないということになっているので、天然母に空港まで車でお迎えに来てもらいました。

 

3ヶ月ぶりの再会。

 

こんなことは今までなかったのでなんだか不思議な感覚です。

 

 

家に到着すると、今度は隔離生活が始まります。

 

家に着いたら最初に『My SOS』のアプリで自主隔離場所の登録だけしましょう。

 

 

 

隔離期間は14日間

My SOSのアプリで、健康状態の登録は1日1回。

居場所確認も毎日ビデオ電話がAIからかかってきた。

 

家の中にいますよ〜というのをよく寝起きの顔でそのビデオ電話にアピールしていた。

30秒間も寝起きの自分の顔を見るのはなかなかの試練だったが、無事14日間耐えたのでした。

 

 

実家が久しぶりすぎて、忘れていたことも。

 

というのも、電子レンジの使い方。

押すボタンを間違えて、チンしすぎてしまい牛乳が溢れ出てしまいました。

 

記念にパシャリ。

f:id:naruyouninar:20211222142348p:image

 

それから自分の部屋もリビングも大改造されていた。

 

私は妹と同じ部屋なのだが、2人で使っていた2段ベッドはどこかに消え、新しいベッドが導入されていた。

2つあった机も消えていた。

床は茶色から白に。

 

びっくりしすぎて、「おおおおおお」しか言葉は出てこなかった。

 

汚部屋がお部屋へ。

ありがとう、マイ・ファミリー。

 

ということで、無事帰国し、隔離も終え、今や自由の身となった私ですが、今後もコロナには十分気をつけて日常生活を送っていきたいと思います。

 

以上、「フィンランドからの帰国 到着〜隔離編」でした。

 

おしまい。

私の母は天然さん♯5 揚げ物編

私の母はときどきとんでもない方向に間違えることがある。

 

それを満を辞して紹介したい。

 

 

 

突然だが、我が家では唐揚げが人気だ。(三女を除く)

 

母は唐揚げを美味しくするために、いくつかやっていることがある。

①下味の段階で肉を柔らかくするために、フォークで穴を何箇所も開ける

②揚げるときに、油の中に入れたり、外へ出したりを繰り返す。

 

我が家が唐揚げが好きで、何回も母が作ってくれるおかげで導き出した答えである。

 

みなさんにも是非試してみてほしい。

 

 

つまり何が言いたいかというと、我が家もよく揚げ物料理をするということ。

 

f:id:naruyouninar:20211208005512j:plain
f:id:naruyouninar:20211208005507j:plain



 

 

そんな母は、1度だけ大きなミスを犯したことがある。

 

それは料理中ではなく、後片付けの時。

 

 

使用した油はシンクに流すことができないため、捨てるための処理をしなくてはならないのは言うまでもない。

 

さまざまな処理方法があるが、唐揚げのように大量の油を使用した時は、凝固剤で固めるのが一番手っ取り早い方法だろう。

 

 

 

そこで事件は起きてしまった。

 

母はいつものように白い粉状の凝固剤を油の中に投入。

 

するとなぜかしゅわしゅわとし始めた。

 

 

ん???

 

と思った母が、白い粉のパッケージを見ると、、、

 

 

f:id:naruyouninar:20211208005612p:plain



 

そこに書いてあったのは『パイ○ユニッシュ』という文字だった。

 

 

そう。

何も難しいことはない凝固剤を入れるタイプの油の処理に、

母は排水管クリーナーである粉末タイプのパイ○ユニッシュを入れてしまったのだ。

 

しかし、気づいた時にはもう遅い。

 

しゅわしゅわと音を立て、気泡をたくさん作りながら粉末は溶けていく。

 

 

なす術のない母は、何も起こらないことを祈りながら一歩後ろに下がり、不安顔で油を見つめていた。

 

幸い爆発などすることなく、ただ溶けて終了したのだった。

 

 

なにが起こるかわからないことほど怖いものはない。

何も起こらなくてただただ安堵した母だったのでした。

(⚠️良い子は真似しないでね)

 

以上、『私の母は天然さん 揚げ物編』でした。

 

 

 

 

ちなみに脱毛クリームで顔を洗った時は、

「眉毛がなくなってたらどうしよう😟」と、鏡を見るのが怖かったそう。

 

眉毛は無事だった。

(⚠️良い子は真似しないでね)

 

おしまい。